お問い合わせ

電話番号:0120-053-541

東京の賃貸オフィス・貸事務所探しなら、
ビルネクスト

登録オフィス棟数

52419

※2024年05月時点

キーワードから探す

坪数

※坪数は片側の入力欄のみの入力でも検索可能です

こだわりから探す

地図から探す

東京でオフィスを
借りる時のポイントと
人気5エリアの特徴

東京でオフィスを借りる場合には、どのような点に気を付けて探せば良いのでしょうか。本記事では東京で賃貸オフィスを探す際のポイントと人気のエリア5つをご紹介します。東京でオフィス物件を探している方や起業を考えている方、従業員が増えて今より広いオフィスを探している方はぜひ参考にしてみてください。

東京で賃貸オフィスを
探すポイント

東京は世界でも指折りの経済圏であり、人と情報が集まる都市です。良質な人材や情報が集まればビジネスも展開しやすいでしょう。東京には賃貸オフィスにもさまざまな物件があります。ここでは都心で賃貸オフィスを探す際のポイントとなる3つの要素、「立地」「広さ」「費用」について解説します。

立地

東京で賃貸オフィスを探すときに重要なのが「立地」です。エリア・駅からの距離・車でのアクセスなど、自社に合った立地を選んでください。
東京のどのエリアにオフィスを構えるかで、企業イメージが左右されたり、求人や取引に影響を及ぼしたりすることもあります。どのエリアを選ぶかは慎重に決めましょう。人気のエリアについては後半で紹介します。
交通の便もオフィス選びの大切なファクターです。駅に近ければ従業員の通勤に便利なだけでなく、来客が多い会社に有利です。車を利用する従業員や車での来客が多い会社なら、駐車場のある物件や近くにパーキングがある物件を選ぶことをおすすめします。

広さ

オフィスの広さは、一般的に働く人の数から判断します。来客がある企業であればお客様を迎えるスペースも考慮しなければなりません。梱包作業が必要な業種などでは作業スペースも必要になるでしょう。
従業員の人数に合わせる場合、賃貸オフィスの広さは一人当たり3坪程度が理想とされています。ただし近年はテレワークやフレックスタイム制の導入が進んだこともあり、一人当たりに適した広さを2坪程度と見積もるケースも増えています。自社の業態や今後の増員なども考慮した上で、適度な広さのオフィスを選んでください。

費用

賃貸オフィスの賃料はエリアや立地、広さによって変わります。利便性が高く面積の広いオフィスほど、賃料が高いのは言うまでもありません。賃料は毎月支払い続けるため、わずかな違いでも年間の費用が大きく違ってきます。優先順位を明確にして賃料を抑え、利益を上げることも大切です。
新たに賃貸オフィスを借りる際には「保証金」や「共益費」、不動産会社への「仲介手数料」や「火災保険料」が必要です。「インターネット回線費用」や「オフィス家具の購入費」なども必要になるケースがあります。賃料だけでなく、その他の支払いも計算して無理のない計画を立てましょう。

東京の賃貸オフィスで
人気のエリア

東京でオフィスを選ぶ際は、自社の業種や業態に合わせてエリアを選ぶのがおすすめです。今回は東京23区の中から、オフィスを構える場所として特に人気がある5つの区の特徴をご紹介します。

港区

港区は外資系企業が多く、各国の大使館が集まる場所。オフィスを構えるとブランド力がアップすると人気の土地柄です。
一口に港区といっても、エリアごとに特徴が異なります。
外国人やマスコミ業界人が集まる六本木エリアや赤坂エリアは繁華街にあり、比較的華やかな雰囲気です。新幹線の駅がある品川エリア、羽田空港へのアクセスが便利な浜松町・田町エリアは、人気の理由に交通の便の良さが挙げられます。
港区の中でも青山・表参道エリアは、アパレル・ファッション業の会社が集まる場所で、ブランド力も高めです。また会社員の街として知られる新橋エリアはビジネス色が強い点が特徴です。
それぞれのエリアでカラーが異なるため、自社の業種や特徴に合ったところを選ぶと良いでしょう。

中央区

銀座や日本橋などがある中央区は、文字どおり東京の中央部に位置する場所です。古くから商業都市として栄えてきた場所で、現在も日本の商業界をリードする場所であるため、住所が中央区なら、それだけで会社の信用度が高まると考える人もいます。
中央区には賃貸オフィスも数多く存在しています。歴史を感じさせるクラシックなオフィスから、最先端の流行を採り入れたオフィスまで、多様な物件の中から自社に合ったオフィスを選べるでしょう。
中央区もエリアによってカラーが異なります。銀座エリアは比較的華やかなイメージ。日本橋エリアは老舗企業が多く、兜町・茅場町エリアは金融業の拠点が多いのが特徴です。同業者や取引先が集まるエリアを選べば連携や訪問も容易なため、業務に有利になることもあります。

千代田区

千代田区は皇居や東京駅、国会議事堂や首相官邸などがある東京の中心的存在となる場所です。中央区もエリアによってカラーが大きく異なります。
オフィス街として有名なのは東京駅近くの丸の内エリアです。メガバンクが本拠地を置くビジネス街であるだけでなく、近年の再開発でオフィスとショッピング施設が同居した複合施設も数多く誕生して賑わっています。
千代田区では古くから電気街として発展し、最近はサブカルチャーの聖地となっている秋葉原エリアも有名です。出版関連のビジネスなら大手出版社や書店、印刷会社などが集まる神田・神保町エリアも候補に挙がるでしょう。官公庁をターゲットにする事業なら日本を代表する官庁街である霞ヶ関エリアがおすすめです。

新宿区

新宿区は多様な顔を持つ場所です。日本有数の歓楽街・歌舞伎町や東京都庁、高層ビルが林立するオフィス街だけでなく都会のオアシス・新宿御苑があり、自然も楽しめるエリアです。
新宿区には学生の街として知られる高田馬場エリアや、オフィス街と住宅地が混在する四谷・市ヶ谷エリア、コリアンタウンがあり外国人の多い大久保エリアなどもあります。
新宿区には大小さまざまな賃貸オフィスがあり、築年数が古い物件も少なくありません。オフィスビルの築年や立地によって賃料は変わってきますが、景気の影響を受けて賃料が流動する傾向にあります。

渋谷区

渋谷エリアは米国のシリコンバレーになぞらえて「ビットバレー」と呼ばれるITベンチャー企業が集まる場所。現在もGoogle日本法人が渋谷ストリームにオフィスを構えています。渋谷エリアにはシェアオフィスやコワーキングスペースも多いため、ベンチャーを起ち上げる起業家に人気の場所です。
渋谷駅を中心とする渋谷エリアは、近年大規模な再開発が進んでいます。渋谷ヒカリエ・渋谷ストリーム・渋谷ソラスタ・渋谷スクランブルスクエアなどが誕生しただけでなく、今後は渋谷駅桜丘口地区などで再開発が進められるなど、街の様子は大きく変貌を遂げています。

選ばれる理由

  • 公開フロア数

    26970

  • 契約実績

    4374

  • リピート率

    91.2

※上記の公開フロア数、契約実績、リピート率は2024年05月時点のデータです。

オフィスの現状分析から物件選び、レイアウト設計、内装工事、オフィス家具コーディネート、セキュリティ対策、引越、原状回復まで。
ワンストップかつ、きめ細かなサービスでお客様のオフィス移転をサポートします。
ビルネクストが皆様にお届けするのは、オフィス移転から始まる「ワークプレイス改革」。
運用コストだけでなく、コミュニケーション活性化やセキュリティ向上など、“働く人”を基点としたオフィス環境構築をご提案します。

お取引企業様

お取引企業様>お取引企業様

愛知県弁護士協同組合特約店

ビルネクストを運営しているビズライフエージェントは愛知県弁護士協同組合特約店でございます。
愛知県弁護士会に加盟されている弁護士の皆様には、仲介手数料を割引させて頂き
また頂いた手数料の一部を特約店加盟料として愛知県弁護士会へ納めさせて頂きます。
弊社は愛知県全域のオフィスビルの取り扱いをしております。
最短で即日のご案内が可能です。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

<問い合わせ>
電 話 0120-053-541(フリーダイヤル)

メールで問い合わせる

愛知県弁護士協同組合特約店はこちらからご確認いただけます。

愛知県弁護士協同組合ホームページ