オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

起業の際も会議の際も安いオフィス賃貸を利用しよう

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > 起業の際も会議の際も安いオフィス賃貸を利用しよう

起業の際も会議の際も安いオフィス賃貸を利用しよう

起業などでオフィス賃貸を考える場合のポイントとは


最近は会社を起業することが以前よりも楽になり、個人の方も会社を作るようになってきています。開業する時、資金に余裕があるなら様々な事にお金をかけることができますが、開業する時というのはみなさん出来る限り初期費用をかけずに行いたいと考えています。
起業するためには住所や電話番号が必要となりますが、最近はバーチャルオフィス等もあり、架空の住所を設けて起業することもあります。しかし業種によってはバーチャルでは起業できないところもありますし、開業届を提出してしっかりと仕事を始めるためにも、オフィスをみつけることは重要な事です。
これから仕事をするにあたり、人を雇用し業務を行うためにどのくらいの規模のオフィスが必要なのか、面積、また設備などはどうなのか、さらに立地条件はどうなのかなどを調べて、従業員の方を雇用するにしても働く環境を考えた賃貸物件が必要です。開業するに当たり、事務所を賃貸する時には、オフィス賃貸、自宅を事務所として利用する、さらに共同のオフィスを賃貸するという方法があります。いずれの方法についても、初期費用がある程度かかるので、具体的にしっかり考えていかなくてはなりません。
そのため、オフィスについてもコストを削減しようという方が多いです。自分一人で業務が出来るのならいいのですが、事務や営業の方が欲しいとなるとやはり自宅で開業というのも無理があります。となるとオフィス賃貸を考えなくてはなりませんが、出来る限り家賃が安い物件を探すにしても、仕事によって駅が近い方がいいとか、車の通りがいいところじゃないと困るなど立地条件に関してしっかり考えておく必要があります。安くてもある程度条件がにあった物件が欲しいという時、どのようなポイントで考えていけばいいのでしょうか。

高いけれど仕方ないでは済まされない


賃貸物件を契約して利用する場合にかかる初期費用はどのくらいなのかというと、敷金、礼金、仲介手数料、保証金、前家賃等、様々な費用が掛かります。これらの費用を考えていくと、おおよそ家賃の半年分くらいの初期費用が掛かると考えられます。またこうした通常の初期費用に加えて、オフィス賃貸となると敷金や保証金、礼金などの費用も個人契約よりだいぶ多くなり、だいたい家賃の10カ月分くらいかかると考えておく方がいいといいます。
これに加えてオフィスではデスク、椅子、パーティション、などのオフィス内の備品の費用がかかってきます。さらにオフィス内に少し内装工事をするとなれば、より一層費用がかかることになります。だからこそ、オフィス賃貸物件は条件がよくて少しでも安いところがのぞましいということになります。
しかし、安くて条件がよく仕事を始めるのに最適となる物件はなかなか見つけることが難しいのです。その為不動産業者の方を頼ることになるのですが、不動産業者の方に、企業として必要な条件について、譲れない条件と譲歩してもいい条件をしっかり伝えておくことが必要です。
家賃についても毎月支払うことになりますので、「高いけれど仕方ないな」と言っている場合ではなく、出来る限り安く抑える事を考えることが必要なのです。契約の際に、少しでも安くしてほしいとしっかり価格交渉を行うこと、また信頼できる不動産業者を活用することは、オフィス賃貸を探す上で欠かせないことです。

安いオフィス賃貸を探すためのポイントとは


オフィス賃貸でできる限り安い費用で契約し、初期費用、家賃共に安くしていきたいという場合には、借りる際に安くするポイントを理解しておくことが必要です。
まずオフィス賃貸の交渉については、不動産業者1社ではなく、数社を使って交渉する、また物件をみつけるようにします。また通常は不動産業者との話し合いになり、大家さんと直接交渉するということは少ないので、不動産業者でも信頼のおける業者を数社ピックアップし、オフィス賃貸の交渉を行う方がいいでしょう。
大家さんがいない物件があればそういった物件の方が安くなる可能性も高いのでオススメです。不動産業者が直接持っている物件の場合、不動産業者の判断で家賃を下げることができますが、大家さんがいる場合、確認が必要となり、下げないと判断する方も少なくありません。こちらの熱意がしっかり伝わる事で、仲介手数料を少しやすくしようか、また礼金をさげましょうかと交渉に乗ってくれる不動産業者もいますので、しっかりと交渉することが必要です。
立地条件等にそれほど業種が関係ないということなら、暫く空き物件となっている物件を狙うというのも選択肢の一つです。都市部の場合、立地条件などがいい物件はすぐに埋まってしまいますが、少し都市部を離れるといつまでたってもずっと空き物件という所も少なくありません。そういった物件を狙って交渉すると、ずっと空きになっているよりも入ってくれる方が助かると、家賃を下げてくれることもあります。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。