オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

賃貸オフィスの選び方

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > 賃貸オフィスの選び方

賃貸オフィスの選び方

オフィスを賃貸にする理由


ビジネスを行うに当たってオフィスを準備する必要が出てくることがありますが、この際には賃貸にする方法と、新たに土地を買いオフィスを建築または中古物件を買い上げにするなどして自社物件を持つ方法の2通りがあります。
建築や買い上げにして自社物件を得ると、今後賃貸料を支払わなくて済むため維持費を抑えられる、自社オフィスを持っているという信頼性から企業の格が上がる、オフィスの使い方に規約などがなく自由に使える、移転などの際は売却して場合によっては利益を得られるなどいくつかメリットがあります。しかし、メリットも多い分大きなデメリットとして初期費用が大きくついてしまうということが挙げられます。オフィスの購入資金は現金から建物という資産に変わるだけになりますので、経費に換算することもできず、購入後の減価償却があってもビジネスを始める上ではリスクとしても大きくなってしまいます。また、他にも事業拡大や縮小などの変化に対応しづらかったり、建物全体のメンテナンス費用や固定資産税の支払いが発生する、購入時の価格より売却時の価格が大きく下がる可能性があるなどといったデメリットもあります。
そこで選ばれるのがもうひとつの選択肢である賃貸するという方法です。賃貸オフィスは買い上げではないためかかる費用自体も比較的少なくて済む上、支払いなどで初期費用だけでなく今後の賃料についても経費として換算ができます。初期費用の時点で大きなリスクを負いたくない人は特にそこに重きを置いて賃貸という選び方をしてもいいでしょう。ただし、賃貸オフィスにもデメリットはあります。しかし、もちろん初期費用以外のメリットもあります。

賃貸オフィスのメリット・デメリット


賃貸オフィスのメリットは、初期費用が軽減される以外に、建物全体の管理は所有者に任せられるため行わなくていいこと、事業の拡大や縮小、変化に合わせて移転などがしやすいこと、選択の幅が広く自社の看板としてのオフィスをいい位置に据えやすいことなどがあります。
反対にデメリットとして、毎月賃貸料を支払わなければならないこと、ビルの規約によっては回線の数が決まっていたり営業時間に制限が設けられたりすること、経済状況によっては賃料値上げが発生することが挙げられます。また、買い上げの物件と比較すると、移転を考えた際に売却などはできないため引っ越し費用や契約費など新たなオフィスへの移転費用の捻出が必要になることなどもデメリットになります。さらに、賃貸オフィスである場合、不動産を所有しているオーナーよりも銀行などからの融資を受けにくいという点も経営の在り方によってはポイントになってくるかもしれません。
初期費用を抑えることを最優先事項に置かない場合であれば、新築や買い上げで自社所有にする場合も賃貸もそれぞれ良い点と悪い点があり、必ずしもどちらがいいと言い切れるものではありません。選び方の基準は会社によって異なります。今後の経営の展望も踏まえてどちらが最適であるのかを考える必要が出てきます。

オフィスの選び方


オフィスを選ぶ上ではどういったことに気を付ける必要があるでしょうか。賃貸オフィスであっても自社所有であっても次のようなことが気を付けたいポイントになります。
まず、オフィスを据える場所はやはり重要です。オフィスはそれ自体が会社の看板の役割を果たします。いい立地に据えればそれだけで宣伝効果を生むことも可能になります。人通りの多さやターゲットに応じた場所を確保する必要があるでしょう。また、今後新たに社員を雇う可能性も考えて、交通の便であったり、駐車場の確保ができるかであったりは意識します。不便な場所では応募が減り厳選した雇用ができなくなる可能性があります。駅からの距離や最寄り駅の利便性についても考慮したいポイントになります。
また、会社で利用する機材の大きさはどうしても関係してきます。入れたい機材やつなぎたい配線がある場合は、それらやその数をしっかり検討します。特に賃貸オフィスにおいては規約等がある場合もあるので注意が必要です。必要に応じて騒音対策工事ができるかや、ビジネスを進める上で問題のある注意事項がないかも確認します。
買う・借りる共に複数の候補をもつことも大切です。不動産会社などに申し入れをしても決定できない場合もあります。自分のオフィスを円滑に持つためにも、また金額などで足元を見られないためにも色々な物件を知り候補を上げておくと決定しやすくなります。
最後に、賃貸のオフィスであればビルオーナーの人柄も選び方の参考にしましょう。オフィスとして借りる以上はオーナーとは長く付き合うことになりますので交渉を持つ機会も出てくる可能性があります。また、所有権の移動などで賃料が上がることも考えられますので、必要があれば経済状況をチェックしておくのも一つの手段です。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。