オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

新築オフィスではなく貸事務所を利用するメリット

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > 新築オフィスではなく貸事務所を利用するメリット

新築オフィスではなく貸事務所を利用するメリット

新しく事務所を構えたいと考えている方へ


新たにオフィスを構えようという場面では、物件や、利用する業者の選び方に気を配ることが大事になります。例えば、中古物件と新築物件では、それぞれのメリット・デメリットがあるので、一概にどちらが良いと言い切ることはできません。したがって、両者の相違点を理解した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件にマッチしたものを選ぶことがポイントになります。
ビジネスシーンにおいて、オフィスは、企業の顔としての役割を果たし、経営戦略を策定して実践するための拠点ともなる大切な資源です。新たに事務所を構えるにあたっては、それぞれの企業が抱える現状の課題や、これから先の目標、経営方針、将来的な方向性などの条件を踏まえた上で、生産性を向上させ、安全にビジネス活動を展開することのできる環境を手に入れたいところです。そのような状況の中では、一つひとつの企業に合った物件を探し出し、紹介してくれる業者が役に立ちます。中には、単なる不動産として、事務所の仲介を行なうことにとどまらず、それぞれの企業や、そこで働くスタッフ一人ひとりのビジネスライフを考慮に入れた上で、サポートを行なってくれる業者も存在するので、チェックしてみることをおすすめします。

中古の賃貸物件を選択することで得られるメリット


オフィスを構えるにあたって、新築の購入物件ではなく、中古の賃貸物件を選ぶことには、それなりのメリット・デメリットがあります。これからオフィス賃貸のサービスを利用することを検討しているのであれば、利点と注意事項を把握した上で実際のアクションを起こすことが大切です。
例えば、貸事務所の場合には、イニシャルコストを低く抑えることができるというアドバンテージがあります。また、借用する物件を選定するにあたっては、自分の会社が現在置かれている状況について分析し、適切なプランを提案してくれる業者を利用するのがおすすめの方法です。このような会社であれば、初めて自分の会社を立ち上げる人も、安心感を持って手続きを進めることができます。また、新たにオフィスを構える場合、交通面の利便性や、ターゲットとなる顧客層など、さまざまな条件に気を配る必要があります。そのような状況の中で、自社にマッチした物件を見つけ出すために、リーズナブルな価格帯で数多くの選択肢が設けられているという意味合いでは、賃貸物件にアドバンテージがあります。
次に、事務所を借りると、オフィス代わりに自宅を使用する場合などと比較して、来客への対応がしやすくなるというメリットが存在します。自宅を事務所として使用する場合、来客があった時の対応に困ることもあります。そのような問題を解決するためには、喫茶店や貸し会議室のサービスを利用するという選択肢もあります。とは言うものの、頻繁にカフェや貸し会議室を使用していると、負担することになるエネルギーや時間、コストの面で、効率的とは言えない状況になりがちです。

その他のチェックポイントについて


新築のオフィスを購入するのではなく、中古の事務所を借用する場合、初期費用の面でアドバンテージがあります。また、自宅をオフィス代わりに使用する場合などと比べると、来客対応がしやすいのもメリットと言えます。自宅では、来客を招いて会議などを行なうのが難しい場合、喫茶店や貸し会議室を使用するという方法もありますが、その都度予約したり、店内の混雑状況を問い合わせたりする必要性が生じてきます。そのような事情から、手間暇や費用の問題を考えると、そうそう頻繁に利用していられないというのが実情です。
そういった問題を解決するためには、オフィス賃貸のサービスを利用するのもおすすめの方法と言えます。貸事務所には、来客との打ち合わせなどに使用する部屋もきちんと確保されているので、スペースの問題で悩む必要はありません。これまでに、自宅をオフィスの代わりにしてきたものの、来客が多く、対応に困っているという方などには、貸事務所の利用も検討してみることをおすすめします。
続いて、プライベートとの区切りをつけやすくなるというのも、魅力の一つです。自宅をオフィス代わりに使用する場合、通勤のための負担がかからないというメリットがありますが、その反面、オンとオフの切り替えがしにくいという問題点があります。そのような問題を解決し、気持ちにメリハリをつけて仕事へ取り組むためには、貸事務所を利用するのもおすすめの方法です。また、精神的な問題だけではなく、設備の充実度や立地条件など面でも、自宅よりも恵まれた環境の中で仕事に取り組むことが可能となります。
ただし、自宅で仕事をするのと比べて、オフィスを別に構えるには、費用がかさむという問題があります。こちらの負担を軽減するには、然るべきポイントを押さえた上で実際の行動を起こすことが大切です。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。