オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

名古屋で効率がよい賃貸オフィスの探し方

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > 名古屋で効率がよい賃貸オフィスの探し方

名古屋で効率がよい賃貸オフィスの探し方

名古屋で効率的に賃貸オフィスを探す方法


名古屋で賃貸オフィスの探し方を考えたときに思い浮かべるのは、インターネットで検索する方法ではないでしょうか。名古屋には大企業も多く、都心部には膨大なオフィスビルが建っています。リサーチするにもその数の多さに、茫然とすることでしょう。しかも、名古屋の賃貸オフィスの場合、自宅を探すように手軽にインターネットで探すのはなかなか大変です。
住居と比較すると市場が小さいため、大手のポータルサイトはなく、不動産会社もあまり力を入れていない現状があります。ビルの賃料は借りる時期によって金額が違ってきます。ポータルサイトでは金額を提示しなければ掲載できないため、ビルのオーナーは掲載したがらないのです。
探し方としては不動産会社のホームページを検索する方法もあります。しかし、こちらもホームページの更新頻度が数カ月に一度程度で旬の情報が掲示されないことが多いため、物件を探すのは大変です。ビルのオーナーはポータルサイトや不動産業界で流通させる大手サイトには物件情報をあまり掲載しません。通常はメールやFAXで直接、不動産会社に物件情報を提供しています。そういった不動産会社にも得意分野があります。住居を探すなら住居系不動産、オフィスを探すならオフィス系不動産がおすすめです。
ですから、住居系の不動産会社は賃貸オフィスの旬な情報を持っていません。賃貸オフィスを探す場合、旬の賃貸情報を持っているオフィス系不動産会社を選ぶことが大切です。また、いい条件の物件を探すには営業マンの優秀さも外せません。いくつか候補の物件があった場合、どれを選ぶのか決めかねることもあるでしょう。そんなときに経験豊富な実績を持った営業マンにアドバイスをもらうことで、いい条件の物件を決めることができるのです。

名古屋で賃貸オフィスを契約交渉するコツ


さて、名古屋で効率よい賃貸オフィスの探し方を見てきましたが、ここでは賃貸オフィスの契約交渉のコツについて触れます。同じ物件なら少しでも賃料を安く借りたいのが心情でしょう。賃料には、2種類のケースがあります。1つは、はじめから下限の賃料を記載している所、2つ目は、値引き交渉を踏まえて金額を上乗せしている所、この2つのケースです。自分が契約する物件がどちらに該当するのか見極めるためには、物件の底値賃料を確認することです。賃料の相場感も養われますので、ぜひ、実践してみましょう。
いい物件を押さえるには、希望の賃料よりも高めの金額を不動産会社に伝えることです。最初から賃料を低めで話してしまうと、物件も中途半端なものしか紹介してもらえないことになりがちです。価格は値引き交渉をすることを前提として、少し予算よりも高めの金額を伝えるようにしましょう。また、借り手がつかずに2カ月以上、空き室状態になっている物件は値引き交渉できるチャンスです。オーナーも空き室ですと賃料が入ってこないので、早く契約しようと思うものです。
候補は2つ以上に絞るのが優位に交渉をするコツになってきます。それだけ物件を真剣に考えていると相手に伝わるからです。そして、交渉して条件が合えば、すぐに契約したい旨を不動産会社に伝えることで、本気で交渉に向けて動いてくれるようになります。相手もビジネスですから、いつ契約するのか明確になっていないと後回しにされてしまいます。
最後にここがとても重要なポイントになりますが、自分だけ値切って得をしようと思わないことです。オーナーもビジネスで物件を貸している以上、底値の金額があります。双方に取り、良い金額で契約することが、契約してからもいろいろな面で尽力してもらえることにつながっていきます。

名古屋で賃貸オフィスを借りるときの注意点


賃貸オフィスを借りるときに注意しておきたい、いくつかの点を説明します。まず、エリアに多い業種をリサーチすることです。自分の会社と同じ業種が多く存在するエリアならば、仕事で必要な仕入れ、発注、納品などが、そのエリアで完結させることが可能となってきます。また、新規開拓をするにも、企業間のネットワークを駆使して顧客を獲得できる確率が高くなります。
業種によっては、来客が多い場合もあるでしょう。その場合は、やはり駅からできるだけ近い立地を検討することも必要になってきます。さらに、プログラミングなど集中力を必要とする仕事なら、閑静な環境を選ぶなど、業務内容により好ましい立地は変わってきます。
駅から物件まで近くても、途中に信号や踏切、横断歩道を渡らなければいけないなど、アクセスに難がある場合は、実際に歩いてみて問題ないか、妥協できる範囲なのか確認することが大切です。
ビルに入っているオフィスを借りるときにチェックしたい点は、エントランス部分がきれいか、明るいかということです。そのビルの管理がきちんとされているかどうかは、エントランス部分の状態を見れば判断できます。郵便ポストに郵便物が満杯になっている、借りている企業のプレートがないようなビルは要注意です。社名プレートを見れば、どのような業種の会社が多いのか判断できるので、必ずチェックしたいところです。重要機密を扱う業種ではビルのセキュリティ面も確認しなければいけません。「警備保障に加入している」「管理人が常駐している」「オートロックである」といった点を確認しましょう。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。