オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

バーチャルオフィスより信用度も高いオフィス賃貸

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > バーチャルオフィスより信用度も高いオフィス賃貸

バーチャルオフィスより信用度も高いオフィス賃貸

信用度も高められるオフィス賃貸


企業として考えた場合、オフィスは信用力という部分でも重要です。賃貸ということでも、さまざまな方法がありますが、オフィス賃貸を活用することによって、手早く安価で利用することができるようになってきます。オフィス賃貸とは、オフィスビルのスペースを借りる方法です。最近では、レンタルオフィスやバーチャルオフィスなどもありますが、もっと物件が大きく、利用価値が高い方法となっています。一部だけを借りるという方法もありますし、1フロア借りたいというときでも対応できる物件を探せます。小さなオフィスということでも見つけることができるところは、バーチャルオフィスなどでは真似することができません。物権の幅広さということでも、比較することはできないレベルです。
利点として考えると、企業として自然であるということが重要になってきます。レンタルオフィスの場合には、物件を借りることになり、現実的にその住所で営業を進めますが、バーチャルオフィスは居を構えていません。住所を借りているだけの形態になり、取引先が知ったときには、信用度を落としてしまうことも出てきます。オフィス賃貸では、現実的に物件を借ります。
住所だけの存在ではないため、来客時にも対応ができるところは大きな違いです。信用をはかるために、わざと来社されるお客様もいらっしゃるでしょう。これもひとつの商談であるということを考えれば、大きなメリットになってきます。
銀行との取引ということを考えると、住所がなければ口座を作ることができません。バーチャルオフィスでは、許可がもらえないこともしばしばあります。そうなると、登記ができなくなってしまうことも出てくるため、大きな問題になる部分です。オフィス賃貸の場合には、口座の開設にも何ら心配はいりません。融資を受けるということを考えた場合にも、信用度の差は大きなものとなって表れてくることになるでしょう。

大きなスペースが自由度をあげる


バーチャルオフィスと比較してみると、設備をそろえなければいけないということが出てきます。しかし、備え付けがあるということが、常にメリットになるわけではありません。配置を自由におこなうことはできませんし、スペースを有効に活用するというわけにもいかない部分を持っています。自由なレイアウトを考えて、業務を効率化するということもできません。家具を増やすといっても、スペース的な余裕はありませんし、加工することもできないため、それ以上の利用価値にすることは不可能といっていいでしょう。
ところが、オフィス賃貸であれば、大きなスペースとして借りることが可能です。自社で好きなレイアウトを考えることができるため、効率化を進められます。机などを増やすこともできますし、コピー機などの高機能なものが必要であれば、ニーズを満たすものを導入することができるでしょう。たしかに、個人規模のオフィスということで考えれば、レンタルオフィスにメリットが見えてきます。それでも、長期的な部分で考え、信用度ということもプラスしていくと、やはりオフィス賃貸に分があると考えられます。
自社のオフィスをしっかりと持つということには、ビジネスとしても大きな意味が出てくるからです。セキュリティということでも、借り切ってしまえることはメリットです。他の人はいないのですから、安心して使うことができるでしょう。

事業の継続性というリスクに対抗できるように


オフィス賃貸ということでは、選び方も考えていかなければいけません。実際に物件は多種多様で、いろいろなものが出回ってきます。ポイントになってくる部分もいろいろありますが、契約期間はよく考えていかなければいけないところです。契約期間は、設定されている条件によって異なります。ビルのオーナーが希望している期間ということでもあり、思っているよりも長いことも短いこともありますが、できるだけ長期の契約ができるところがいいでしょう。理由はいろいろとありますが、更新手続きの問題も出てくるからです。当然更新手数料もかかるようになりますし、契約が短期で切れて、別のところへ移らなければならないということも考えておく必要があります。必ず更新できるというわけではないからです。そうなると、長期の契約を結ぶことができるということは、大きなメリットを生み出します。
築年数というところにもよりますが、耐震性ということも重要な観点となってきました。日本の地震の頻度は、世界でもまれに見る数になります。事業の継続性ということが謳われるようになり、軽度な地震で事業が止まってしまうような事態は避けなければいけません。巨大地震の時も、壊滅しないような環境であることが求められる以上、耐震性がどの程度あるのかということを考慮しておくべきでしょう。立地条件などもありますが、利便性が高くても、事業の継続性が下がるようでは意味がありませんので、リスクヘッジも考え選ぶことが大切です。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。