オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

オフィス賃貸物件の選び方

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > オフィス賃貸物件の選び方

オフィス賃貸物件の選び方


快適なオフィス賃貸物件を見つける



仕事をするということを考えた時、環境ということが大きな影響を与えます。仕事の質も大きく変化させてしまうことがあるのですから、かなり細かな検討が必要になってくるのは間違いありません。そのため、内容を考えていかなければいけませんが、コストということも考慮する必要があります。どちらも大切なことで、うまくバランスを考えていかなければいけないことといえるでしょう。

快適な仕事環境ということを考えると、イメージなども考えていかなければいけません。来客があったときには、これから先の取引にも影響を与えることになるでしょう。社員に対する影響もありますし、仕事の効率ということも重要です。簡単に選べるようなことではなく、それこそ社員の健康面にも影響する重要事項となってきます。仕事の内容などに合わせて、満足度の高いオフィスを見つけていくことが重要です。

オフィス賃貸ということで考えても、選び方として立地と賃貸条件を外すことはできません。実際にどんな駅から近いのか、歩いてみるとその地域を把握しやすくなります。そのほかにも、銀行など必要な施設に対して、どれぐらいの距離になるのかということも考えなければいけないでしょう。公共機関や食事ができるところも重要です。実際に仕事をしながら生活も考えていくことになるのですから、業務上支障を与えるようなことが無いように判断していかなければいけません。コンビニが近くにあるかどうかさえ、社員にも影響を与えていくということを理解しなければいけないでしょう。

駅などの条件は、社員の通勤時間にもかかわってきます。取引先とのアクセスということも考慮しなければいけないでしょう。特に女子社員を抱えている企業で、夜遅くなるような場合には、安全面の配慮もすることが必要になってきます。



面積と共益費の問題



オフィス賃貸の選び方として、外すことができないことが面積に関することです。面積ということを読み間違えてしまうと、機能として問題を抱えることも出てくるでしょう。契約面積ということがあげられますが、実際のオフィスとしての有効面積はどれぐらいになるのかを知らなければいけません。図面だけではなく、実際に現地に行ってみて、目で見て確認することが重要です。

数字はあくまでも数字であり、使い勝手を示しているわけではないということを間違わないようにすることが、選び方として必要になってきます。面積とともに、共益費の問題も忘れてはいけません。管理費として計上されることも出てきますが、これらの中には冷暖房費も含まれることがありますし、光熱費がかかわってくることもあります。清掃費といったことが入っていないことも出てきますので、適用範囲はどこまでなのかを知ることが必要です。

あとから知って、多くの費用が持ち出しになってしまったり、共用部分でも掃除だけは自分たちでやらなければいけない部分が出てきたりすれば、当然手間が増えます。手間が増えれば、業務の効率は下がりますし、目に見えない出費や負担も増えることになるため、細かなところまで注意しなければいけません。



快適な環境を見つけるためにも



オフィス賃貸ということでは、オフィスビルにすることが多くなります。そうなると、エレベーターの使用ということが基本となってくるでしょう。当然のことですが、メンテナンスもしなければいけなくなるということを忘れてはいけません。定期的にメンテナンスをしていく必要があるのは理解できるとしても、止まってしまえば使うことはできないでしょう。そんな時に1台しかなければ、階段を使っていくことになります。定期メンテナンスは絶対におこなっていくことになるため、顧客でも来れば大きな負担になってしまうでしょう。2台のエレベーターがあれば、交互に使うことで混雑の問題にはなりません。

引越しの時も重要で、開口部がどれぐらいあるかで手間が大きく変わってきます。内部寸法も重要になってくるため、しっかりと計っておかなければいけません。もしも入らなければ、階段で運ぶなどの手段も検討することになります。引越しの手間は増大し、費用も掛かることになるのですから、注意しなければいけません。

トイレということも重要なポイントです。男女別にできるかどうかは、ここ数年で絶対条件になってきているといえるでしょう。和式か洋式か、掃除はだれがおこない、どこまでされているのかということも、オフィス賃貸の選び方として考えておかなければいけません。他にもいろいろなことを見ていく必要があります。

天井高や柱の位置といって問題もレイアウトを含め重要になってくるでしょう。実際に天井が低いと、ストレスを感じるようになります。社員の健康にもかかわってくるのですから、細かなところまでチェックして、快適な環境を見つけることが大切です。そのためにも、信頼できる不動産会社を見つけるところからスタートしましょう。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。