オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

オフィス賃貸の豆知識やコストを抑えるための方法

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > オフィス賃貸の豆知識やコストを抑えるための方法

オフィス賃貸の豆知識やコストを抑えるための方法

オフィス賃貸を選ぶ理由について



起業するにあたって実際にオフィスを利用すると言っても様々な種類が存在しているのでどれを選ぶべきか迷うことがあります。その中でもオフィス賃貸を選ぶ企業が多いですが、選ばれる理由について説明します。

まず1つ目は効率よくコストを抑えて利用することができるからです。オフィス選定に関しての現状分析ができる会社を通して進めると、はじめて起業する段階でも安心できます。会社を構えるためには、交通の利便性や客層や主要道路、分かりやすさなど、その地域に関するたくさんの情報が必要となります。多くの地域情報を得ることができれば、それだけ物件も多いため会社の要求に合った場所を選ぶことができます。一からビルを建てるよりはコストも大幅に削減できるでしょう。

続いて2つ目は来客対応に向いているかどうかということです。これも地域情報に関わることになりますが、例えば自宅などをオフィスにしていると自宅に招いて会議をするということはほとんどありません。来客の対応に困ることもあるので、カフェや貸し会議室を利用して対応する人たちもいるでしょう。しかし、毎回のようにカフェや貸し会議室を利用するのは手間も費用も別でかかることがあります。その都度予約や問い合わせが必要となってきます。オフィスを借りていれば打ち合わせなど来客と話をするスペースもたくさんあるので場所で困ることはありません。来客などの対応が多いという企業でオフィスを使っていないというところは利用について考えてみるといいでしょう。

続いて3つ目はプライベートと仕事を分けることができるのも魅力的です。オフィス賃貸を契約していれば仕事をするときは通勤をする必要があります。逆に自宅だけだと外に一歩も出ることなく仕事の時もプライベートの時も同じでオンとオフができないことがあります。メリハリをつけるためにもオフィス賃貸を選んだ方がいいでしょう。このように、理由について説明をしましたが、実際に近年では利用できる場所も増えており、オフィス街なども存在しています。選ぶ人が増えているので興味がある方は契約について考えてみるといいでしょう。



オフィス賃貸でコストを抑えるためのオフィスづくり



これからオフィスに拠点を移そうと思っている人も多いでしょう。拠点を移すときにはできる限りコストを抑えたい方も多いのではないでしょうか。コストを抑える方法はいくつか挙げられるので、ここではオフィスづくりでの節約ポイントについて紹介します。

フリーアドレスでレイアウトを工夫することです。フリーアドレスとは自席を持つことなく共有デスクを利用する方法です。ここ最近ではフリーアドレスを用いてレイアウトをする企業も増えています。人気が高いですが理由としてはオフィス全体に占めるデスク面積を削減することができますし、什器のコストも抑えることが可能です。社員からしても毎日同じ場所に座って仕事をすることがないのでモチベーション向上にもつながるので魅力的です。

続いて2つ目の工夫は古い什器は売ることです。新しくオフィスを移転する場合には設備に関しても一新することがあるでしょう。ここで企業によっては必要ないと全て捨ててしまう場合もありますが、使えるものは買い取ってもらえる可能性も十分にあります。少しでも現金化することができれば次の什器の購入資金に充てられるのでコストダウンにも繋がりますしエコにも繋がります。このように、コストを抑えるための工夫について説明をしましたが、ここで説明した内容は一部分になるのでコストを抑えて移転をしたい人は事前に方法を調べておくといいでしょう。



オフィス賃貸を契約する前に確認したいポイント



オフィス賃貸を契約する前にはいくつか確認したいポイントも存在しています。失敗しないためにもここではポイントについていくつか紹介しますが、1つ目はエントランスのチェックです。オフィス賃貸と言ってもビルなどを選択する時には複数の企業も入っています。こういった場所ではエントランスが存在していますが、エントランスは会社の中でも一番初めに目にする部分です。エントランスの雰囲気が良くないと会社のイメージに繋がる可能性があるので、ごみ置き場が近く衛生面に不都合がないか、または夜間の照明や看板の設置が可能であるかどうかも重視して見ておくといいでしょう。

また、2つ目はリフレッシュエリアについてもチェックしておいた方がいいです。会社は社員がいなければ発展することができません。社員を大切にするためにもリフレッシュができる環境がオフィスにあるかをチェックしておくことも大切です。リフレッシュをすることで仕事の生産性や社員のストレス解消に加え、新たなアイディアづくりにも繋がる可能性もあります。会社の第一印象アップと毎日オフィスとして使うことへの配慮、このように2つのポイントはチェックしておきましょう。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。