オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

オフィス賃貸の更新料は払うべき?契約書をよく見よう

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > オフィス賃貸の更新料は払うべき?契約書をよく見よう

オフィス賃貸の更新料は払うべき?契約書をよく見よう


オフィス賃貸の更新料とは?



オフィス賃貸を利用するとき、初期費用はもちろんのこと、月々の家賃や管理費などがかかることはよく知られています。これらを支払わなければ、当然、オフィスを使い続けることはできません。しかし月々の分だけでは長い間使うことができません。忘れがちなのが、更新料の存在でしょう。更新料を知るにはその契約がどうなっているのか、ある程度内容を把握する必要があります。きちんと払わなければ、オフィスが使えなくなってしまう可能性もあるので、契約時にしっかりと確認しておく必要があります。

いわゆるオフィス賃貸というのは基本的に2年ほどの契約をすることが多くなっています。何年も何十年も契約するということはあり得ず、数年たったら契約を新しく更新しなければならないのです。この時に払うのが更新料です。その費用はだいたい一カ月分くらいというのが一般的です。家賃が値上げした場合は、最初の費用のままで行く場合と、家賃に応じて値上げする場合があるので契約書を確認しなければなりません。

更新というのは基本的に、借りる側の都合で続けることができます。契約を続けたい場合は続けたいという意志を表示して金額を払えば、そのまま利用することができるのが一般的です。更新を続けたくない場合は、その旨を事前に報告する必要があります。そのままにしておくと更新の意志と受け取られる可能性があり、結果としてそのまま契約を続けなければならなくなることもあります。

このように更新にまつわる借主と貸主のやり取りは少々複雑なこともあり、お互いに更新期間を把握しておくことがとても大切です。なにかトラブルがあった時でも契約書を確認することで解決することもありますから、契約書はしっかり保管しておきましょう。



更新料は支払い義務があるものではない



近年、敷金礼金と共に更新費用を払うのは当たり前のこととされてきました。しかしながらこの更新料は、法律で定められたものではありません。オフィス賃貸を借りるときに契約をしますが、そのときに必ずしも更新料を払う必要はないのです。しかし、なぜ支払うことになるかというと、これはお互いの信頼を契約するためであったり、貸主の利益を保証するためであったり、さまざまな理由が挙げられます。それに、契約書を一度結んだらそれはお互いが同意したということですから、契約上きちんと守らなければならないのです。特にオフィスの場合はビジネス的な契約ですから制約はあまりなく、非常に自由に約束事を決めることができます。そのときにお互いの信頼をきちんと守るために更新費用を契約書に記載することがあるのです。もしどうしても払いたくない場合は、契約の時点で交渉する必要があるでしょう。いちど契約したらそれは義務が発生しますからつぎの更新のときに相談するべきです。

また、オフィス賃貸であれば経営している会社の方針もありますから一概にすべてはねのけられるというわけでもありません。更新料の契約を飲まなければ契約できない場合もあるからです。また、更新費用だけでなく、さまざまな費用面での契約はきちんと目を通しておきましょう。オフィスを借りたときには多くの契約を結ぶことになりますから、見落としたりして損をしないように注意することが必要になるのです。これまでにも契約で失敗した人は多くいることでしょう。基本的に契約してくれる会社は良心的なところが多いですが、見落としによるショックや損害はこちらで管理しなければなりません。



契約書を見るポイント



契約期間を過ぎると、たいていの場合払うことになる更新料ですが、これは実際支払い義務があるものではなく、契約書によって変わります。更新費用を払うときは、契約書に明確に記載されているときのみです。もし記載されていなければ、契約しているわけではないので払う必要がありません。

更新料以外にも借主が支払う金額はいくつかあります。たとえば、敷金を払うことは定番でしょう。敷金もまた契約書に書いてあれば支払うものですが、こちらは保証金の役割を果たすものですし、契約が終われば返ってくるものでもありますから、支払ってもそれほど借主に損害があるわけではありません。ただ、敷金という名前ではなく保証金という名で契約されることもありますし、家の場合は1、2カ月が妥当ですが、オフィス賃貸の場合は半年分など、場所によってさまざまです。契約するときにこちらの金額を確認しておかないと、いざ支払うときに驚くことにもなってしまうでしょう。契約書は隅から隅まできちんと確認する必要があります。実際のところ、この保証金、あるいは敷金は契約を解除するまで返ってきません。だからこそ、先に確認しておかなければ、大きな金額がしばらく返ってこないこともあるのです。

更新費用、そして敷金はどちらも、法律上どうしても必要ではないものであるうえに、それなりにお金がかかることです。だからこそ、放っておくとトラブルの元にもなりますし、それが原因であなたがせっかく借りたオフィスを手放さなければならなくなることもあります。そうしたことを未然に防ぐには、貸主と借主が互いに契約書にしっかりと目を通し、心底納得して契約することが大切です。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。