オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

オフィス賃貸で登記する場合に気を付けるべきことがある?

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > オフィス賃貸で登記する場合に気を付けるべきことがある?

オフィス賃貸で登記する場合に気を付けるべきことがある?

オフィス賃貸の登記で企業としての信頼を得る


最近は個人でフリーランスとして働いている人も多くいます。ただこの場合、税金等もかなり掛かってくるので、ある程度稼げるようになったら法人設立したいという方も多いようです。そうなると法人になるための手続きなども必要となりますが、やはり会社になるのなら法人となる方がより信頼度も上がるので、面倒な手続きもしっかり行っていくべきでしょう。将来法人化したいという場合や、これから起業を考えているという方は、オフィス賃貸で企業を考えている方が多いです。自宅をオフィスとすることもありますが、やはり自宅がオフィスというよりも、しっかり別の場所にオフィスがある方がお客様からの信頼も厚くなります。
法人の設立については登記が必要となり、法人登記については公示機能があるので、登記すれば代表者指名、本店所在地などの謄本を誰もがとれるようになります。新規の取引先があった時、その新規の会社がこちらの会社を調べたいと思う場合にも、謄本を取る事で信頼を得ることができるのですが、この方が商売を行う上で楽なのです。与信調査などを行う取引先もあるので、しっかりとしておくことが求められますが、オフィス賃貸で開業、法人化という場合には、注意しておくべきこともあります。
通常個人住宅として賃貸している物件を、オフィスとして貸してほしいという場合、大家さんが反対し貸してくれないことがあります。こうなると法人化のための届けが出来なくなります。大家さんがなぜ賃貸してくれないのかというと、税金の問題や様々な事が面倒ということ、また事務所にすると一般の賃貸よりも部屋が荒れる可能性が高いということがあるからだといわれています。大家さんがいない物件であれば、それほど問題はないかもしれませんが、オフィス賃貸に強い物件を借りればその問題も解決する場合があります。

オフィスの賃貸に強い不動産業者に相談してみよう


通常、オフィスとしてオフィス賃貸物件を契約し開業したという場合、また住所が移転したという場合には、法務局で所在地についての登記を行う必要があります。本店所在地がしっかり決まらないと、会社を設立する際の登記が出来ないのです。これからオフィス賃貸を考えているという方は、理解しておくべきことがあります。それは、不動産物件によって大家さんがいない場合でも、会社の本店所在地として登記を認めていない場合もあるということです。最初はできる限り低い家賃で借りられるところで法人化したいと思うことは当然です。会社の業務が軌道に乗ってから、本格的にオフィスを広げていくなどを考えるでしょう。しかしオフィス賃貸のマンションについて登記は無理と断られてしまったら元も子もありません。
登記可能な賃貸物件を探すことが必要となりますが、インターネットの不動産情報等では会社として利用できるかどうかを正確に把握できないことも多い場合があります。こうした場合、まずは不動産会社に相談し、オフィスとして安く賃貸できる物件をみつけること、もしくは不動産についてコンサルタントに相談し、物件をみつけてもらう等が必要になってきます。不動産会社の中には、法人化する場合の賃貸物件について相談に乗ってくれる所もありますし、こうしたオフィス用の賃貸物件に強い不動産業者もあります。通常個人で入居するタイプの物件でも、オフィスOKという物件がありますので、まずは信頼できる不動産業者の方をみつけること、そして条件等をしっかり話して、法人化に向けて進めていくことが求められます。

オフィス賃貸ができるかどうか最初に確認が必要


居住用のマンションとして賃貸情報に出ている物件には、そこに書かれていなくても、事業を行うことを禁じていて、あくまでもご家族、個人に賃貸するための物件としていることも少なくありません。なぜ居住用のみで事業用として利用させてくれないのかというと、事業として賃貸した場合に、取引先や顧客などそのマンションに暮らしていない人たちが多く出入りし、そのマンションに居住されている方々に不安を与える可能性があるからです。大家さんがいる場合に特に、居住用としての物件は事業の為の物件として認めないということが多いです。都市部では居住用のマンションでも、大家さん、不動産業者などが事業用として認めているという物件も多数あります。
経営者としては事業用としての物件よりも、通常の居住物件として契約できる物件の方が、契約の際の初期費用が安くなるので、こうした物件を狙っているという方も少なくありません。せっかく見つけた物件も、不動産業者の方に事業を行ってもいいかどうかの確認をしなかったことで賃貸契約出来ないことになり、法人化が遅れるということになれば、最初から躓くようでやはりいい気持ちはしませんし、出来れば最初から躓く事無くうまくやりたいと考えるでしょう。
フリーランスとして賃貸する分にはあまり制約もないでしょうが、法人化する場合には登記という壁があるので、こうしたこともしっかり考えて法人化に向けて進めていくことが必要です。こうしたことを相談できる事業の為の賃貸物件に強い、信頼できる不動産業者を選択し、最初から躓くことがないように慎重に進めていくべきです。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。