オフィス探しなら ビルネクスト
オフィス探しなら ビルネクスト NAGOYA
オフィス探しなら ビルネクスト OSAKA

オフィス賃貸でも安心して使うためには保険金をかける

名古屋・大阪のオフィス探しはビルネクスト > コラム > オフィス賃貸でも安心して使うためには保険金をかける

オフィス賃貸でも安心して使うためには保険金をかける


転ばぬ先の杖となってくる保険



仕事場として考えた場合、オフィス賃貸を利用するというのは、容易に想像ができることでしょう。購入するとなると、大きな費用が発生することからも、オフィス賃貸にしておくというのが現実的な選択肢といえます。オフィスを借りるということで考えた場合、購入する場合とは違った視点から保険の種類や加入について詳しく知る必要が出てきます。保険ということで考えた場合、何かあったときに備えるものということになるでしょう。借り物になるといっても、働くために毎日使用する立場で考えると保険金をかけてさまざまな物を守らなければいけないということも出てきます。

オフィス賃貸の中でも、万が一の事故ということでは、火災保険が出てきます。火災保険は、加入が義務付けられるものであり、加入しないということになれば、契約を交わさないというのが一般的です。火災保険といっても、実は範囲が広いのが一般的となりました。家財保険や借家人賠償責任補償、個人賠償責任補償といったことも組み合わせられていることが多くなっており、活用の幅は広いといえるでしょう。

実際に火事を起こしたりしてしまえば、大きな損害を出すことになります。自分たちだけの問題では済まず、同じ物件内に入っている企業や店舗があれば、一緒に損害を受けることになるのですから問題です。営業停止などになれば、とても大きな損害が発生することになるのですから、火災保険に入るということは、重要な意味を持っています。実際に火災保険に入っていなかったら、とんでもなく高額の損害賠償を背負うことになってしまうのですから、保険金をかけても必要なことでしょう。



失火責任法に対応する借家人賠償責任保険



火災保険と同時に入ることが多い家財保険は、さまざまな設備に対する保険といえます。重機や備品といった動産が対象になってくる保険といえますが、少し特殊なことにも対応することが可能です。それが、他のところからの失火です。近くに建物があるというのは当然のことですが、ここから失火した場合、もしも什器や備品といった動産に被害が出た場合、失火責任法ということがかかわることがあります。

他人に家などから火が出た場合に対して使われる法律ですが、民法に定められた損害賠償責任の定めが重要です。故意または過失の場合には、責任を保証しなければいけません。ところが、失火の責任は、適用しないとしています。ただし、重過失は含まれませんが、これによって賠償責任が能力を超えるものであった場合に、補償をしなくてもいいということになるから問題です。

そうなると、請求することができなくなってしまい、自分たちで補償しなければいけません。家財保険に入っている場合には、こうした補償の心配はなくなります。オフィス賃貸の場合には、借家人賠償責任保険は義務付けです。家財保険とともにはいることがありますが、実際には特約としてつける物となるでしょう。賃貸契約が終了したのちには、変換する場合に原状回復の責任がついてきます。

ところが、火事になってしまうと原状回復させることは難しい問題になるでしょう。

さらに、賃貸借契約を結んでいることになるため、失火責任法よりも優先されるということも重要です。そこで、借家人賠償責任保険に加入するということも義務付けとしていることがほとんどで、保険金は一括払いになります。



もっと範囲の広い保険



個人賠償責任保険は、オフィス賃貸において、第三者に対して賠償しなければいけないような事態が発生した時に使うことができる保険です。付帯して加入することでより安心した環境をつくることができます。この保険の例を挙げてみると、看板を取り付けていたとして取付金具が腐食して落ちて通行人に怪我をさせてしまったとします。

ビルの付属物なのか、テナントとしての必要なものだったのかというところも出てきますが、保証はしなければいけなくなるでしょう。ほかにも、水漏れがあって下の階に被害を出してしまったといったことや、窓から何かが落ちて怪我をさせてしまったということも、同様のケースになります。単独でかける保険ではなく、火災保険の特約として組まれたりすることが多く、対象も広く便利な保険です。

こうした責任は、さまざまなところに発生するものであり、重要な意味も持ってきます。加入する場合、本人は当然対象になってきますが、配偶者や同居の親族といった人も対象です。さらに未婚であっても、生計をひとつとしていれば、子供であっても対象となるため、非常に有効な保険といえます。保険金も少額でかけることもできるため、使い勝手がいいことは間違いありません。

さらにテナント総合保険といったものもあります。非常に適用範囲の広い保険で、雷によるパソコンの故障だとか、台風の被害といったものもカバーします。安心してオフィス賃貸を利用するということを考えた場合には、検討しておくと良い保険です。

オフィス移転についてさらに詳しく

オフィス移転に関するさまざまな疑問にメールやお電話でお答えします。
ご希望の方には無料で現状分析も。今すぐ物件を探せる専用サイトもご用意しています。